北九州の行政書士富山致(とみやまいたる)のブログ

行政書士の業務のこと、勉強のこと、日々のつれづれを書き記していきます。
<< 9月の無料セミナー&相談会 | ブログのトップ | なんやかんや忙しくしています >>
遺言書の書き換え(撤回)
 遺言書は何回でも遺言の方式に従った方法で書き換えることもできますし、撤回することも自由です。

 「遺言の方式に従った方法」とは、法律で定められている遺言の方式で書き換えできますので、公正証書遺言を自筆証書遺言で、反対に自筆証書遺言を公正証書遺言で書き換えることも可能です。

 遺言の一部変更については、その法的性質は、「遺言の(一部)撤回」+「新たな遺言」となります。その場合には、前の遺言のどの部分を変更しているのかを明示して特定することが必要です。

 遺言の全部変更についても同様に、「遺言の(全部)撤回」+「新たな遺言」となります。

 遺言は、「後で作成した遺言」が前に作成した遺言に優先することになりますが、前後の遺言で内容が抵触しない部分については「前の遺言」もそのまま効力を有しますので、複数の遺言を作成した場合には、前の遺言書と一部を書き換えた遺言書とを同一場所に保管しておくことが大切です。

| 豆知識 | 14:45 | comments(0) | -
この記事へのコメント
コメントする









| /PAGES |