北九州の行政書士富山致(とみやまいたる)のブログ

行政書士の業務のこと、勉強のこと、日々のつれづれを書き記していきます。
<< 法定後見の際の鑑定書 | ブログのトップ | ふれあいテニス大会に参加しました >>
移行型任意後見契約
 成年後見制度には、(1)判断能力が低下した、あるいは欠けたときに家庭裁判所の審判を仰ぐ「法定後見」と、(2)判断能力があるうちに、ご本人の代わりになってもらう人と約束をかわしておく「任意後見」があります。

 「任意後見契約」は、公正証書でなければ効力はありません。そして、判断能力が低下した、あるいは欠けたときに家庭裁判所に後見監督人の選任の申し出をしなければなりません。

 ご本人が判断能力があるが、いろいろの手続きなどを自分で動くことができないときのために、任意後見契約と併せて「委任契約」を結んでおくことがスムースにご本人のための手続き等を行うのに有用だと思います。

 委任契約そして任意後見契約を同時に結ぶことを「移行型任意後見契約」と云っています。

 つい、先日、移行型任意後見契約のお手伝いをしましたが、ご本人は信頼できる身内の人に「あとあとのこと」を任せることができて安心されていました。
| 豆知識 | 10:18 | comments(0) | -
この記事へのコメント
コメントする









| /PAGES |