北九州の行政書士富山致(とみやまいたる)のブログ

行政書士の業務のこと、勉強のこと、日々のつれづれを書き記していきます。
<< 健康診断に行ってきました | ブログのトップ | 今日は大晦日ですね >>
自筆証書遺言の方式が緩和されます
2018年7月、遺産相続にかかわる民法(いわゆる相続法)の一部を改正する法律が成立しました。 新民法は一部を除いて2019年7月1日の施行が決まっています。 そのうち、自筆証書遺言の方式の緩和については2019年1月13日に先行して施行されます。 現行法では、自筆証書遺言は「すべて自筆が条件」でしたが、今回の改正で1月13日以降からは本文は自筆、別紙の目録については、ワープロで作成した文書や預金通帳のコピーでもよいことになりました。 法務局が自筆証書遺言を保管してくれる制度ができましたが2020年7月10日の施行となっていますので少々先のことです。
| 行政書士の業務 | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0)
この記事へのコメント
コメントする









| /PAGES |